トップページ > 能力開発センター

能力開発センター

重要なお知らせ:

現在のCPDバンクは、学会会員システムの更新に伴い、2016年7月1日から使用できなくなります。これまでCPDバンクをご利用されていた会員の皆様にはご迷惑をおかけしますが、未登録のポイントがある会員の皆様は、なるべく6月30日までにポイント登録をお願します。
なお7月1日以降のポイント登録は、学会事務局にemailでご連絡をお願いします。今後のCPDバンク運用方法については現在検討中です。検討結果は後日ホームページ等でお知らせします。

時代はめまぐるしく変化しています。技術者は、時代の変化に対応するため、教育機関を卒業し社会に出てからも、自己の能力を開発・向上させる努力が求められています。能力開発センターは、あなたの能力開発をお手伝いする様々な活動を行っています。

  • 「造船技術者社会人教育」についてはこちら。(日本造船工業会のページへリンクします)

能力開発イベントカレンダーバックナンバーはこちら 


能力開発センターの概要

能力開発センターとは

能力開発センターは、学会内の技術者・研究者の技術力向上、能力開発を支援します。学会内の技術研究会、各支部と協力連携し、会員の技術力強化のため企画運営を行います。具体的には、船舶海洋技術者への教育活動(造工・中造工との共催の「社会人教育」など)の企画を運営し、船舶海洋技術者の能力開発を支援し(講演会および研究委員会、支部主催のシンポとの連携等)、能力開発イベントを会員へお知らせします。

また、青少年に対する教育的啓発活動、「技術士」資格のための諸活動、船舶海洋技術者のCPDシステムの構築と運営、日本工学会およびAPECへの対応、大学教育への支援や提言も行っていきます。

技術士資格の取得支援

技術士は、文部科学省の登録を受ける国家資格です。これを取得すると、機械、船舶・海洋などの技術部門で、科学技術の高度な専門応用能力を必要とする事項について、計画・研究・設計・分析・試験・評価と、これらに関する指導業務を行うことができます。

能力開発センターの技術者資格支援委員会では、学会員が国家資格である技術士を取得するための支援を行っています。

CPDポイントについて

CPD (Continuing Professional Development)ポイントとは、会員が自己の能力・技術力の維持・向上に努めている程度を証明するものです。

能力開発センターのCPD委員会は、他分野(他学会)との取得単位の互換性を視野にCPDポイントを付与しています。

JABEE対応の大学教育支援

JABEEの技術者教育認定制度は、大学で行われている工学教育が一定の満足すべき水準に達しており、かつ、その教育課程を卒業した者が、技術者として活動するために必要な最低限度の知識と能力を身に付けていることを認定するものです。

能力開発センターの大学教育等支援委員会は、産業界の代表を含む能力開発センター運営委員会と適宜合同会議を開催し、今日の造船教育のあるべき姿を検討し、各大学における教育の改善を支援します。

能力開発センター内規

▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016