Japanese
メニュー
普及・啓発活動
ホーム > 普及・啓発活動 > 第3回 ふね遺産認定のお知らせ

第3回 ふね遺産認定のお知らせ

令和元年6月
ふね遺産認定実行委員会

さる令和元年5月20日に実施いたしました第3回ふね遺産審査委員会での審議により、第3回ふね遺産認定案件として下記7件が決定されました。詳細はKANRIN(令和元年7月号)で詳細を紹介する予定です。なお、今回から認定基準を変更し、非現存船も認定の対象としました。

第3回認定式は令和元年7月19日(金)に明治記念館(東京)にて執り行われます。

第3回認定案件

認定案件 所有者 / 所在地
「雲鷹丸」
現存する最古の国産鋼船で、水産講習所の練習船。大型蟹工船の先駆けでもあり、漁具の改良や人材育成など漁業の発展に貢献した。
東京海洋大学
「明治丸」
鉄船時代の英国造船技術を今に伝える我が国に現存する唯一の帆船。明治天皇の御召船や燈台巡廻船として使用され、後に商船学校において多くの船員を育てた。
東京海洋大学
幕末建造木造帆装軍艦「鳳凰丸」
我が国の技術役人と舟匠の創意によって建造された、大船建造禁止解禁後、初めての洋式帆船。
非現存船
幕末建造スクーナー型木造帆船「ヘダ」
ロシア人技術将校指導により和船の船大工が建造し、その後の我が国洋式船建造の礎となった帆船。
非現存船
「第十とよた丸」
我が国初の航洋自動車専用運搬船(PCC)。
非現存船
「ボール進水設備」
進水作業の効率化を実現した日本発祥の設備。
三菱重工業(株)下関造船所
「長崎小菅修船場」
我が国近代造船業の黎明期に活躍した最も古い遺構。
三菱重工業(株)長崎造船所

審査委員会

審査委員会委員(順不同、敬称略、所属は当時)は次の通りです。

日本船舶海洋工学会会長
柏木 正(委員長)
日本航海学会会長
織田 博行
日本海事史学会会長
安達 裕之
日本マリンエンジニアリング学会会長
大松 哲也
ふね遺産認定実行委員会 委員長
小嶋 良一
日本船舶海洋工学会 理事
鳥井 幸典(欠席)
会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る