トップページ > 私たちはこんな学会です

私たちはこんな学会です

学会の目的

日本船舶海洋工学会は、日本の船舶工学、および、海洋工学を代表する唯一の学会です。1897年に設立され、100年以上の歴史を有し、会員数は4000人を超えます。会員は、企業や大学の技術者、研究者、学生などから構成され、それぞれの専門性を活かしながら、当分野の学術的、技術的な発展に貢献しています。

学会は人の集まりです。人々が集まれば、いろいろな場が形成されます。技術者、研究者の語らいの場、研究発表や意見交換の場、技術向上の場、研究成果発信の場など、これらさまざまな場を通じて、学会は社会の発展に寄与します。ぜひ、日本船舶海洋工学会に入会し、社会発展のために大いに活躍してください。

進水式風景

学会の目的と活動

私たちの学会は、船舶及び海洋工学に関する学術技芸を考究し、その発達を図ることを目的としています。その目的を達成するため、次の活動を行っています。

活動内容

(1) 論文集、会誌および資料の刊行
(2) 講演会の開催
(3) 会員の技術力向上のための能力開発支援活動
(4) 研究委員会活動
(5) 調査、建議および諮問の応答
(6) 国際会議への協力および国際事業の実施
(7) そのほか、本会の目的達成に必要な事業

会員のメリット

  1. 会誌「咸臨」が全会員に隔月配布され、船舶海洋工学に関する広汎な最新情報が得られます。
  2. 学会が発行する刊行物に論文や記事を投稿し公表できます。
  3. 学会が発行する刊行物を会員価格で購入できます。
  4. 講演会で研究発表できます。
  5. 学会が主催する講習会、シンポジウム等に参加でき、レベルアップをはかる機会が得られます。
  6. 優れた論文、研究および研究業績には日本船舶海洋工学会賞その他の賞を受けることができます。

入会のご案内

日本船舶海洋工学会に入会すると、講演会などでの論文発表、会誌「KANRIN」の無料購読、刊行物の割引購入など、さまざまなメリットがあります。

入会手続きの詳細は、入会のご案内をご覧ください。

入会のご案内

▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016