Japanese
メニュー
講演会・会議
ホーム > 講演会・会議 >  西部支部シンポジウム『海事産業におけるデジタルツインとモデルベース開発』

講演会・シンポジウム

西部支部シンポジウム
『海事産業におけるデジタルツインとモデルベース開発』

開催趣旨

近年、製造業を中心に幅広い産業で「デジタルツイン」が注目されています。デジタルツインとは「リアル空間の情報をモニタリング技術等により収集し、サイバー空間でリアル空間を再現し、シミュレートする技術」であり、デジタルツインを有効活用することで設計や製造、サービスの変革が期待されています。実物による実験が困難な海事産業では、デジタルツインは製品やサービスの差別化のための重要な戦略的技術であり、現在、研究・開発が精力的に進められています。

そこでデジタルツインの研究・開発の現状と、デジタルツイン技術の活用に関する理解を深めることを目的に、シンポジウム「海事産業におけるデジタルツインとモデルベース開発」を開催します。シンポジウムでは先ず、他産業における先進事例として、マツダ(株)の足立様にモデルベース開発についてご講演いただきます。マツダ(株)におけるモデルベース開発はシミュレーション技術の活用という観点で最先端・最高峰の技術であり、海事産業にとっても非常に参考になると確信しています。続いて海事産業におけるデジタルツインの研究開発状況について、各分野における第一人者の方々にご講演いただきます。

本シンポジウムが海事産業のデジタル化の将来像を考える一助になることを期待しております。

開催日時

2022年12月19日(月) 13:00~17:30

開催方法

オンライン方式(Webex meeting)

スケジュール

13:00~13:10
開会挨拶

橋本 州史(西部支部長、長崎大学 教授)

13:10~13:40
基調講演
足立 智彦(マツダ(株) 統合制御システム開発本部 首席研究員)

演題:Model Based Developmentによる複雑さへの挑戦

13:40~14:10
講演1
安藤 英幸((株)MTI)

演題:船会社から見たデジタルツインの効用と課題

14:10~14:40
講演2
梶谷 哲平((株)三井E&Sマシナリー R&Dセンター デジタル化 推進グループ)

演題:三井E&Sマシナリーにおける舶用機関デジタルツインへ向けた取り組みの紹介

14:40~14:50
休憩
14:50~15:20
講演3
一ノ瀬 康雄(国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 海上技術安全研究所)

演題:船舶設計デジタルツインの基盤技術について

15:20~15:50
講演4
藤久保 昌彦(大阪大学/広島大学 名誉教授)

演題:船体構造デジタルツイン

15:50~16:20
講演5
青山 和浩(東京大学 教授)

演題:建造デジタルツイン構築のための造船工場の見える化とデジタル化

16:20~16:30
休憩
16:30~17:20
パネルディスカッション
司会:濱田 邦裕(広島大学 教授)

演題:海事産業のデジタル化に向けて

17:20~17:30
閉会挨拶

濱田 邦裕(広島大学 教授)

※全体進行:手塚 雄一((株)大島造船所)

参加費

会員:2,000円(シニア含む)

非会員:4,000円

学生(会員):0円

学生(非会員):2,000円


◆お支払いは、参加申込と同時にクレジットカード決済をさせていただきます。
(VISA、MasterCard、American Express、JCB、ダイナース、ディスカバーでのお支払いに対応しています。)

※上記カードを所有されていない方は、口座振込みも可能ですので、お問合わせください。

その他

参加登録をして頂いた方には、講演テキスト(電子ファイル)を配布予定

参加登録

参加申し込みの方は、12月12日(月)までに下記の「参加申し込みフォーム」よりお申し込みください。会議案内およびテキストのダウンロードについて、後日ご連絡致します。

参加申込みフォーム

問合せ先

(公社)日本船舶海洋工学会 西部支部 事務局

〒819-0395 福岡市西区元岡744 九州大学工学部船舶海洋工学教室内

Tel&Fax: 092-802-3445
E-mail:[メール]

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る