メニュー
講演会・会議
ホーム > 講演会・会議 > 海事三学会合同シンポジウム(第4回)海事分野におけるイノベーション

講演会・シンポジウム

海事三学会合同シンポジウム(第4回)
海事分野におけるイノベーション

主催:
日本船舶海洋工学会、
日本マリンエンジニアリング学会、
日本航海学会

日時

2019年1月25日(金) 10:00~17:35(18:00~20:00技術交流会)

場所

建築会館ホール(東京都港区芝5丁目、JR田町から3分)

開催趣旨

日本船舶海洋工学会、日本マリンエンジニアリング学会、日本航海学会の海事三学会は、2007年12月に「超省エネ船シンポジウム - 燃料5割削減は可能か?-」というテーマで第1回合同シンポジウムを開催し、第2回目は、2011年7月に「超省エネ船シンポジウム - 燃料5割削減に向けた取り組み -」をテーマに合同シンポジウムを開催しました。さらに、2015年1月には「次世代エコシップシンポジウム - 地球環境負荷低減と海洋環境技術開発 -」をテーマに第3回の合同シンポジウムを開催してきました。

第4回目となる今回は、これまでのシンポジウムで取り上げた船舶における省エネやエコシップというテーマを拡大・発展させる形で、自律航行船舶の実現をサポートする技術やソフトウエア、ならびに船舶の運航に関連する環境対策技術にまで範囲を広げて、「海事分野におけるイノベーション」をテーマに、合同シンポジウムを開催いたします。

©一般財団法人 日本船舶技術研究協会

後援

一般財団法人 日本海事協会

協賛予定

日本船主協会、日本造船工業会、日本中小型造船工業会、日本舶用工業会、日本内燃機関連合会、日本船舶技術研究協会、日本機械学会、電気学会、日本金属学会、日本エネルギー学会、日本ガスタービン学会、日本トライボロジー学会、日本建築学会、計測自動制御学会、自動車技術会、測位航法学会

プログラム

10:00
開会
10:05-10:25
基調講演1
国土交通省 石原 彰 氏
10:25-10:45
基調講演2
日本海事協会 有馬 俊朗 氏
10:45-11:00
(休憩)
11:00-11:30
自動運航船とその関連技術の国際動向
海上技術安全研究所 福戸 淳司 氏
11:30-11:50
現場の知見で未来を創る
(株)日本海洋科学 桑原 悟 氏
11:50-12:10
自動運航船開発への取り組み
川崎汽船(株) 佐々木 丈一 氏
12:10-12:30
スマートシッピングへの取り組み
(株)商船三井 友野 徳之 氏
12:30-14:00
(昼食・休憩)
14:00-14:30
自律型海上輸送システムのコンセプト
三井E&S造船(株) 村田 航 氏
14:30-15:00
海洋ブロードバンドサービスの動向
スカパーJSAT(株) 森合 裕 氏
15:00-15:30
海事デジタル化のニーズに対応した船舶保守管理システム
(株)ClassNKコンサルティングサービス 水流 昌克 氏
15:30-16:00
(休憩)
16:00-16:30
これからの舶用エンジンと燃料
九州大学 高崎 講二 氏
16:30-17:00
ブルーカーボンとリソース
東京海洋大学 刑部 真弘 氏
17:00-17:30
実海域推進性能評価と実船のモニタリング解析
海上技術安全研究所 辻本 勝 氏
17:35
閉会
18:00-20:00
技術交流会(アリスアクアガーデン田町

参加費(テキスト代,技術交流会,消費税を含む)

主催学会員
(団体会員所属の非会員を含む)
協賛学協会会員 非会員 学生会員
技術交流会あり技術交流会なし
10,000円10,000円15,000円5,000円1,000円

申込方法

2019年1月15日(火)までに下記の「参加申込み受付フォーム」よりお申込下さい。

期限日以降は参加費に3,000円が上乗せされます(学生会員を除く)

参加申込み受付フォーム

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   mail@jasnaoe.or.jp
ページの先頭へ戻る