メニュー
講演会・会議
ホーム > 講演会・会議 > 東部支部ワークショップ『海洋資源開発に関する現状の取り組みとこれからの展望』

講演会・シンポジウム

東部支部ワークショップ
『海洋資源開発に関する現状の取り組みとこれからの展望』

主催:公益社団法人日本船舶海洋工学会 東部支部

洋上LNGのような新しいコンセプトの設備で生産されたエネルギー資源の利用や、洋上風力発電・海流発電等の再生可能エネルギーの導入、あるいは海底資源等の開発を行い、資源・エネルギー入手先の多様化を図ることは、資源・エネルギーのほとんどを輸入に頼る我が国にあって、極めて重要な課題であることは言をまちません。特に、GHG排出量削減や、いずれ訪れる従来型資源の枯渇への備えといった中長期的観点や、資源・エネルギー調達における交渉力の強化、あるいは他国の資源・エネルギー輸出政策の影響力軽減等といった短期的な観点からも、我が国として戦略的に対応していくべき課題です。

昨年3月には洋上風力発電の導入促進のための新法が閣議決定されました。また本年度は、内閣府の推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)にあって、海底鉱物資源の成因調査や2,000m以浅の海底鉱物資源探査技術の開発等を行う第1期の最終年度であり、2,000m以深の探査技術の開発や海底資源生産技術の開発を行う第2期の初年度でもあります。

このような状況を踏まえ、官民を問わず海洋資源開発全般に関して、探査から生産・利用まで、先進的な取り組みを行っている各分野の専門家を招き、講演と討論を通して海洋資源開発の現状の取り組みとこれからの発展性を展望するためのワークショップを企画致しました。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時

平成31年1月15日(火)13:30~17:00

開催場所

東京大学生産技術研究所 An棟2階コンベンションホール

(東京都目黒区駒場4-6-1)

プログラム

13:30-13:35
開会挨拶(東部支部副支部長 岡田 哲男)
13:35-14:05
【基調講演】海洋エネルギー資源開発に関わる技術

東京大学教授 高木 健 氏
14:05-14:35
【講演1】海上ガス田開発 イクシスLNGプロジェクトの概要 - 海上設備を中心に

国際石油開発帝石(株) INPEX Ichthys Project
CPF CSR Project Engineer, CPF Lead Towing & Mooring Engineer 佐藤 顕 氏
14:35-15:05
【講演2】海洋再生可能エネルギーへのジャパン マリンユナイテッドの取り組み

ジャパン マリンユナイテッド(株) 海洋・エンジニアリングプロジェクト部
新エネルギー・資源開発グループ 主幹 北小路 結花 氏
15:05-15:25
(休憩)
15:25-15:55
【講演3】NEDO海流発電システムの開発と実証試験について

(株) IHI 技術開発本部総合開発センター機械技術開発部 主査 百々 泰 氏
15:55-16:25
【講演4】次世代海洋資源調査技術の成果と産業化への展望

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
「次世代海洋資源調査技術」統合海洋資源調査システムの実証テーマリーダー  堀田 平 氏
16:25-16:55
【講演5】革新的深海資源調査の新たな挑戦

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)
「革新的深海資源調査技術」プログラムディレクター 石井 正一 氏
16:55-17:00
閉会挨拶(東部支部長 鈴木 英之)
17:00-19:00
懇親会(館内ホワイエ)

定員

200名

テキスト代等

【テキスト代】

正会員5,000円
非会員8,000円
学生(会員・非会員)1,000円

【懇親会参加費】

一般2,000円
学生1,000円

※テキスト代は当日会場にて徴収させていただきます。

申込方法

参加お申し込みの方は下記URLの「参加申込みフォーム」よりお申込下さい。

参加申込み受付フォーム

申込締切

平成30年12月24日(月)

(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)

問合せ先

公益社団法人日本船舶海洋工学会 東部支部事務局

Tel:TEL:03-3438-2014, 2015  FAX:03-3438-2016
E-mail:[メールする]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   mail@jasnaoe.or.jp
ページの先頭へ戻る