メニュー
講演会・会議
ホーム > 講演会・会議 > 関西支部主催シンポジウム「不確実性からみた船体構造設計の未来展開―不確実性を明確化せよ―」

講演会・シンポジウム

関西支部主催シンポジウム
「不確実性からみた船体構造設計の未来展開
  ―不確実性を明確化せよ―」

主催:日本船舶海洋工学会関西支部・関西船体構造研究会(KSSG)

共催:大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻船舶海洋工学部門

開催趣旨

一般に船体構造設計規則では、荷重および強度は、算式や数値により規定的に与えられている。しかし、本来これらは、確定的な量ではなく、何らかのばらつきや曖昧さ、すなわち不確実性を有している。設計規則の背景には、表面上は現れない各種の不確実性が存在していることを設計者は理解しておく必要がある。合理的な構造設計を進め、技術を力としていくためには、規定的な規則だけに依存せず、直接的な荷重構造解析設計を進めていくことが必要であろう。その場合、不確実性に正面から取り組むことになる。一方で、計算力学に基づく解析技術が進み、計算の前提になる操船や自然現象についても遠隔観測や実船計測などによりビッグデータとして積みあがりつつある。不確実性の定量化のためのモデルが揃う時代が間近になってきていると言える。本シンポジウムでは今後の船体構造設計をにらみ、それに係る「不確実性」をテーマとした講演と討論を企画する。不確実性の把握から構造設計の世界をどう変えられるか、一緒に検討と情報共有を進めてみたい。

開催日時

2018年12月7日(金)

講演会 13:30~17:10

(13:00 受付開始)

 

懇親会 17:30~

(於:9F 交流サロン)

開催場所

大阪大学中之島センター 703講義室(大阪府大阪市)

〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53

講演

13:30-13:50
あいさつと序論
大阪大学 藤久保 昌彦
13:50-14:20
海象の不確実性
大阪大学 箕浦 宗彦
14:20-14:50
荷重・応答の不確実性
大阪大学 飯島 一博
14:50-15:20
強度の不確実性
大阪大学 辰巳 晃,
大阪府立大学 生島 一樹
15:20-15:50
CFDにおける不確かさについて
海上技術安全研究所 平田 信行
15:50-16:10
(休憩)
16:10-16:40
モニタリング技術の最前線
海上技術安全研究所 岡 正義
16:40-17:10
総合討論:不確実性の把握と設計・運用の合理化に向けて
司会 飯島
17:30-
懇親会(9F 交流サロン)

参加費

【講演会】(テキスト代含む,当日現金支払い,要事前登録)

一般
3,000円
学生
1,000円

【懇親会】(当日現金支払い,要事前登録)

一般
5,000円
学生
2,000円

参加お申し込み

参加お申し込みの方は11月30日(金)までに下記の「参加申込み受付フォーム」よりお申込下さい。

参加申込み受付フォーム

その他

懇親会は17:30より同じ建物の9F「交流サロン」で開催いたします。是非ご参加ください。

問い合せ先

日本船舶海洋工学会 関西支部事務局

〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1 大阪大学大学院工学研究科地球総合工学専攻船舶海洋工学部門内
TEL:06-6879-7593 FAX:06-6879-7594
携帯番号:070-1305-2902 (シンポジウム当日のみ)
E-mail:[メールする]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   mail@jasnaoe.or.jp
ページの先頭へ戻る