メニュー
メールニュース
ホーム > メールニュース > 西部支部メールマガジン 第77号 目次

西部支部メールマガジン第77号

西部支部メールマガジン 第77号 目次

新造船紹介 250,000DWT型鉄鉱石専用運搬船「CAPE HAYATOMO」

  • (株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部計画設計課 古賀 大地

    当社伊万里事業所で建造し、2017年5月に引き渡した250,000DWT型鉄鉱石専用運搬船「CAPE HAYATOMO」について紹介します。

LNG燃料石炭専用船の設計基本承認を取得

  • (株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部企画開発課 林田 聡史

    当社は東北電力株式会社殿、株式会社商船三井殿と共同で新型石炭専用船を対象にロイド船級協会殿よりLNG燃料対応設計の基本承認 (AIP : Approval in Principle) を取得しましたので紹介します。

製造と工事を支える設備紹介 ブロックヤード新設

  • (株)名村造船所生産業務本部工場管理部設備管理グループ 河野 良紀

    当社工場内にブロックヤードを建設したので概要について紹介します。ブロックヤードが建設されたことによって、以前より安定した工程進捗が可能になりました。

伊万里港開港50周年記念事業 建造ドック見学会

  • (株)名村造船所経営業務本部総務部総務グループ 野中 恵介

    2017年11月4日に伊万里港開港50周年記念事業の一環として実施した当社建造ドック見学会について紹介します。

日本船舶海洋工学会西部支部からのお知らせ

日本船舶海洋工学会 西部支部 事務局

平成30年春季講演会開催のお知らせ

平成30年5月21日(月)、22日(火)にホテルコスモスクエア国際交流センター (大阪市) において、日本船舶海洋工学会春季講演会が開催されます。

春季講演会の開催通知および講演プログラム等の詳細につきましては、3月発行の日本船舶海洋工学会誌KANRIN第77号63~72ページならびに下記ページをご覧下さい。

編集後記

(株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部 山元 康博

今回のメールマガジンでは、新造船紹介、LNG燃料石炭専用船の設計基本承認取得、製造と工事を支える設備紹介としてブロックヤード新設、伊万里港開港50周年記念事業における建造ドック見学会をご紹介させて頂きました。特に、LNG燃料石炭専用船の設計基本承認取得については、各方面から多くのお問合せを頂いており、これからの将来へ向けて非常に興味深い技術の一つであると実感しています。

さて、この数ヵ月は寒暖の差が激しく、風邪をひいてしまい、体調を崩しがちでした。最近はようやく暖かくなり、インフルエンザもほぼ収束、日々穏やかな気候です。一方で、ピョンチャンオリンピックを皮切りに国際情勢や国際経済、国内政治の動きは激しさを増し、為替、株価、政権も激動の2018年となりそうな予感がします。

山元 康博
(株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部
基本計画、性能設計

  新造船紹介250,000DWT型鉄鉱石専用運搬船「CAPE HAYATOMO」 >>

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   mail@jasnaoe.or.jp
ページの先頭へ戻る