Japanese
メニュー
メールニュース
ホーム > メールニュース > 西部支部メールマガジン第77号 > LNG燃料石炭専用船の設計基本承認を取得

西部支部メールマガジン第77号

LNG燃料石炭専用船の設計基本承認を取得

(株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部企画開発課 林田 聡史

LNG 燃料石炭専用船
LNG 燃料石炭専用船
[拡大画像]

当社は東北電力株式会社殿、株式会社商船三井殿と共同で新型石炭専用船を対象にロイド船級協会殿よりLNG燃料対応設計の基本承認 (AIP : Approval in Principle) を取得しました。

本件は石炭輸送船を対象として、当社が東北電力殿、商船三井殿と研究を進めたもので、ロイド殿による基本計画図面の審査とリスクアセスメント (HAZID : Hazard Identification Study) を実施し、基本設計を終えました。

船社、荷主、造船所による3社共同のLNG燃料船AIP取得は本邦初となります。本船の特徴として、LNG燃料タンクを船尾区画に設置することにより、船型を大型化することなく、貨物艙容積を確保した設計としています。また、LNG燃料タンクへの延焼を防ぐ防火構造や点検作業性を考慮してタンクカバー付きを検討しました。

環境規制が国際的に強化される中、船舶においても地球温暖化の原因となる二酸化炭素 (CO2)、大気汚染の原因となる硫黄酸化物 (SOx) や窒素酸化物 (NOx) の排出基準が国際海事機関 (IMO) により段階的に定められています。本船は燃料にLNGを使用することにより、SOxはもとよりNOxやCO2の排出量も重油を燃料とする船舶に比べ大幅に削減することができます。

当社は地球環境保全の観点から、船社、荷主の要請に対応すべく、さらに環境負荷の低い船舶の開発に挑戦いたします。

林田 聡史
(株)名村造船所船舶海洋事業部設計本部基本設計部企画開発課
船体計画

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る