Japanese
メニュー
メールニュース
ホーム > メールニュース > 西部支部メールマガジン第93号目次 > 301,000DWT VLCC「APHRODITE」の紹介

西部支部メールマガジン第93号

301,000DWT VLCC「APHRODITE」の紹介

ジャパン マリンユナイテッド(株)設計本部船舶海洋設計部船体計画グループ 古川 泰寛

APHRODITE

APHRODITE

2020年6月15日に当社有明事業所にて竣工しました301,000DWT VLCC "APHRODITE" について紹介します。

本船は、スポットトレード向け最適船型として累計35隻以上の建造実績を誇る2百万バレル型VLCCから続くコンセプトを受け継ぎ、最新規則を適用しつつ燃費性能の大幅向上を目指して開発された、次世代省エネ船 (G-Series) VLCCの9番船です。

VLCCとしてはコンパクトな船型ながら、浅喫水時の載貨重量最大化を追求し、スポット用船を主とする東西トレードに対応できるフレキシビリティーを持っています。本船の主な特徴を紹介します。

1. 省エネ技術

最新のCFD技術および船型試験水槽での模型試験による船型最適化が行われており、加えて、当社独自の省エネ装置であるSuper Stream Duct®、SURF-BULB®、ALV-Fin®を採用し、また、低回転・ロングストロークタイプの電子制御エンジン、低摩擦塗料、当社設計の大直径プロペラの採用により、従来船を大幅に上回る性能を達成しています。

2. 実海域性能

Ax-Bow®と呼ばれる船首形状、及び、低風圧居住区の採用により、実海域での性能も向上させています。

3. 環境対策

本船は主機と発電機の排気ガス出口部にSOxスクラバーを搭載しており、2020年1月から一部指定海域を除いた一般海域へ適用されるSOx (硫黄酸化物) 排出規制に適合しています。また、SCRシステムを搭載しておりNOx排出規制Tier IIIにも適合するなど、様々な環境規制に対応しています。

主要目

全長
max. 330.0m
型幅
60.00m
型深
29.35m
夏季満載喫水
21.55m
載貨重量
302,109t
総トン数
157,208
主機関
MAN B&W 7G80ME-C9.5-HPSCR
航海速力
15.5ノット
船級
ABS
船籍
バハマ

古川 泰寛
ジャパン マリンユナイテッド(株)設計本部船舶海洋設計部船体計画グループ
船体計画

<< 西部支部メールマガジン 第93号 目次  新造船の出港見送りに小学生をご招待しました! >>

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る