Japanese
メニュー
メールニュース
ホーム > メールニュース > 西部支部メールマガジン第97号目次 > 新造船紹介:1,091TEUコンテナ船 "M.V. CONSIST...

西部支部メールマガジン第97号

新造船紹介:1,091TEUコンテナ船 "M.V. CONSISTENCE"

常石造船(株)設計本部商品企画部総合設計グループ 鶴見 幸

試運転の様子

試運転の様子

本船は当社が2017年に開発した1,091TEUコンテナ船の完工1隻目にあたり、従来の燃費性能を維持しつつ、積載能力を向上させています。2021年1月12日に当社の中国舟山工場にて竣工・引き渡しました。

本船の特徴を以下に紹介します。

  • 高い燃費性能を有する従来の1,020TEUコンテナ船と同様の燃費を維持しつつ、船型を大型化して積載能力を向上させました。
  • In Hold及びOn Deckには、20feet及び40feetコンテナを積載でき、45feetコンテナについては、On deckの2段目以上に積載可能です。
  • In Holdには9'6" height (高さ9フィート6インチ) コンテナを最大で2段積載でき、On DeckにはEuro Pallet Wideコンテナも積載可能としました。
  • 冷凍コンテナをIn Holdに約50FEU、On Deckに約130FEU積載可能としました。
  • No.1,2&3 Cargo Holdを危険物コンテナ積載可能としました。
  • 日本の港湾に入渠する際にパイロットの乗船が不要となり、騒音規制が緩和される、10,000GT未満としました。
  • CSS codeを適用し、コンテナラッシング用の通路やスペースを確保するように設計しました。
  • 環境に配慮し、燃料タンクは全てダブルハル構造としました。
  • 船型開発、当社独自の省エネ技術であるMT-FASTや高効率プロペラ (TOP-GR) の採用などにより、高い省エネ性能を実現しました。

最後に、本船の主要目を以下に示します。

主要目

全長
145.999m
型幅
23.350m
型深
11.500m
満載吃水
8.500m
載貨重量
約13,700mt
主機
MITSUI-M.A.N. B&W 6S50ME-C8.5
航海速力
約18.0knots
船級
日本海事協会
船籍
MARSHALL ISLANDS

鶴見 幸
常石造船(株)設計本部商品企画部総合設計グループ
基本設計

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る