Japanese
メニュー
メールニュース
ホーム > メールニュース > 西部支部メールマガジン第97号目次 > フィリピンのTSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES ...

西部支部メールマガジン第97号

フィリピンのTSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (Cebu)が300隻目を竣工 〜地域との共栄で持続可能な成長を実現〜

ツネイシホールディングス(株)広報部 志賀 雄太郎

THIの竣工300隻目の本船「BASIC VICORY」

THIの竣工300隻目の本船「BASIC VICORY」

THIの工場建設当時の様子

THIの工場建設当時の様子

THIの全景

THIの全景

公立病院の病棟を寄贈

公立病院の病棟を寄贈

ビーチリゾートとして名高いフィリピンのセブ島。その西海岸に、常石造船のフィリピンにおける製造拠点TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (Cebu)(以下THI) があります。本記事ではTHIが地域と共に歩んできた軌跡をご紹介します。

2021年3月3日、THIは建造300隻目となる「BASIC VICTORY」を竣工しました。THIの設立は、遡ること今から27年前の1994年。当時はインフラが整っておらず、電柱を立て、電線を引くところからのスタートでした。

1997年に建造1隻目のばら積み貨物船「SEA AMELITA」を竣工しました。支綱切断を当時の大統領夫人に実施していただくなど、国を挙げての祝福を受けました。

設立時の設備は第一船台のみでしたが、2004年に第二船台、2009年に建造ドックが完成するなど、工場設備を大きく拡張。ばら積み貨物船を中心にコンテナ運搬船や自動車運搬船、タグボートなどで着実に実績を積み重ね、竣工300隻を達成しました。この竣工300隻は、THIが地域と共に成長してきた証です。

会社設立当時はTHIだけでなく、地域全体のインフラが未整備な状況でした。「この地で100年先を見据えて事業を行う」決意で進出したTHIは、地域が本当に必要とするインフラを整備することで、結果的に自社従業員の生活基盤の確立を実現する形でCSR活動を推進してきました。火事で焼失した公設市場の再建支援や病院建設、教育機関の校舎寄贈などに加え、台風被災地の復興支援、マングローブの植樹活動など活動内容は多岐にわたります。

取り組みを通して地域が発展し、人が集まり子どもが生まれ、育った人々がTHIを支えてくれる「持続可能な社会」を実現するため、THIはこれからも進化を続けます。

TSUNEISHI HEAVY INDUSTRIES (Cebu) 沿革

1994年
設立
1997年
第一番船「SEA AMELITA」竣工
2002年
焼失した地域の公設市場の再建支援
2004年
第二船台完成
2007年
自動車運搬船 初竣工 / 公立病院の建設を支援
2009年
竣工100隻達成 / 建造ドック完成
2011年
大学・高校生を対象に奨学金制度開始
2015年
竣工200隻達成
2019年
コンテナ運搬船 初竣工 / 設立25周年
2021年
竣工300隻達成

志賀 雄太郎
ツネイシホールディングス(株)
広報

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る