海洋教育推進委員会事務局

海の不思議箱トップページ > 記事一覧 > 船は急に止まれない

船は急に止まれない

海で働いている多くの船はスクリュープロペラ(単にプロペラと言います)を使って進みます。プロペラを回すのはエンジンの力です。エンジンのパワーを上げたり下げたりすると船のスピードが変わり、逆に回すと船はバックします。これらは船長さんが船の操舵室(ブリッジ)で操作します。車の運転席でアクセルを踏んでスピードを上げたりレバーをバックに入れたりするのと同じです。

船の進む方向を変えるのは舵で、これも操舵室で操作します。車のハンドルと同じように船の進む方向を左右に変える事ができます。

ただし船は水に浮いて進むので、ハンドルを切ったりブレーキを掛けても車のようにすぐに曲がったり、止まったりしてくれません。だからしっかり見張りをして早めに舵を切ったり、スピードを落とすようにしています。とくに大きな船は小回りがきかないので、港に入る時などは数隻のタグボートに曳いてもらったり、押してもらったりして桟橋につけます。

船を進めたり方向を変える働きを持つプロペラや舵を2個以上持った船は一般に運転がしやすくなります。

湖でボートに乗ってみれば操縦の難しさを実感できるでしょう。

イメージ画像


【海や船の疑問を先生に質問してみよう!】

海と船の質問コーナー
その他の記事はこちら

▲ページトップへ

Copyright(C) 2008 日本船舶海洋工学会 海洋教育推進委員会 All Rights Reserved.