トップページ > 普及・啓発活動 > 平成28年度 構造強度・材料溶接分野「夏の学校」のご案内

普及・啓蒙活動

平成28年度 構造強度・材料溶接分野「夏の学校」のご案内

趣旨

日本船舶海洋工学会では、構造強度・材料溶接分野「夏の学校」を下記の要領で開催いたします。

この企画は、船舶海洋工学分野の次世代を担う若手技術者・研究者および学生の皆さんが全国から会して、寝食を共にして学び、議論し、語り合うことによって、それぞれの視野を広げ、さらなる飛躍へのきっかけをつかんでいただくことを狙いとして、2007年度より毎年開催されており、東部地区での構造強度・材料溶接分野「夏の学校」は、3回目の開催となります。

講義は、企業での実務経験を持つ講師による講義と、大学教員による基礎理論の講義で構成しました。また、座学だけでなく、小実験・討論・発表を含む参加型の演習も企画しており、今後の業務、あるいは、勉学の刺激になるものと考えています。2泊3日の研究スタイルで行われる「夏の学校」により、ここで培われた人と人のつながりも今後の船舶海洋工学分野の活性化に貢献するものと期待しています。

是非とも、多くの方にご参加いただきたく、ここに案内申し上げます。


日時・会場

開催日:平成28年8月20日(土)〜22日(月)

開催場所:東京大学山中寮 内藤セミナーハウス
   http://www.u-tokyo.ac.jp/stu01/h08_02_02_j.html


主催

公益社団法人 日本船舶海洋工学会


プログラム概要

第一日:8月20日(土)

15:00〜15:50
受付
15:50〜16:00
ガイダンス
16:00〜17:00
講義-1
船体用鋼板の製造方法と特性(新日鉄住金(株)鉄鋼研究所 市川和利氏)
17:00〜18:00
講義-2
溶接のメタラジーと特性((株)神戸製鋼所材料研究所 名古秀徳氏)
18:00〜19:00
夕食
19:00〜21:00
グループ討論-1 材料・破壊にまつわる問題に関する討論

第二日:8月21日(日)

09:00〜10:30
講義-3 破壊力学の基礎
(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 川畑友弥氏)
10:30〜12:00
講義-4 破壊力学の応用と欠陥評価法
(大阪大学大学院マテリアル生産科学専攻 大畑充氏)
12:00〜13:00
昼食
13:00〜17:00
グループ演習-1 破壊力学モデル実験
17:00〜18:00
グループ発表
18:00〜19:00
夕食
19:00〜21:00
グループ討論-2 材料・破壊にまつわる問題に関する討論

第三日:8月22日(月)

09:00〜10:30
講義-5 鋼の強度・靭性とミクロ組織
(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 粟飯原周二氏)
10:30〜11:15
講義-6 高速破壊現象と構造物信頼性への応用
(東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻 川畑友弥氏)
11:15〜11:50
講義-7 船体アレスト設計((一財)日本海事協会技術研究所 松本俊之氏)
11:50〜12:00
終了式
12:00
解散

参加費(参加費は当日支払い、宿泊料、食事代を含む)

学生:6,000円、一般正会員:15,000円、一般非会員:20,000円

最大募集人員30人


参加申し込み

参加者氏名、所属、連絡先(住所、電話番号、E-mailアドレス)を記入の上、下記までE-mailにて送信してください。
宿泊予約の都合がありますので、できるだけ早めにお申込みください。

送信先:東京大学大学院工学系研究科システム創成学専攻応用力学研究室 03-5841-6505
 teranishi@fract.t.u-tokyo.ac.jp

申込締切:平成28年8月5日(金)

*傷害保険などはご所属機関で対応をお願いします。


お問い合わせ先

2016年度構造強度・材料溶接分野「夏の学校」世話役 粟飯原周二(東京大学)
Email: aihara@fract.t.u-tokyo.ac.jp  Tel: 03-5841-6505


▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016