トップページ > 普及・啓発活動 >性能・運動分野 「夏の学校」 2016

普及・啓蒙活動

性能・運動分野 「夏の学校」 2016

趣旨

次世代を担う若手研究者・技術者の育成は、科学技術立国を国是とする我が国において各産業界共通の極めて重要な課題となっています。特に船舶海洋分野においては、若い人の興味離れ、大学院博士課程への進学者の減少、船舶海洋分野に特化した教育を行う学科の減少といった負のスパイラルとも言える経過を経て一層重要な課題になっています。既に各企業・大学においては、他分野からの人材も積極的に受け入れ、短期間で船舶海洋分野の基礎や技術を教育して後継者不足を補おうという試みも進められているところです。こうした背景を受け、日本船舶海洋工学会においては、若手人材の教育に資する「夏の学校」の開催等の事業を進めているところです。

性能・運動分野の「夏の学校」は、最初、2007年に全国版として西部地区で開催されました。その後、関西地区、関東地区、西部地区の順番で開催地を選んで行っていますので、今年は4巡目の西部地区開催となります。2泊3日の研修スタイルで行われる「夏の学校」は、単に船舶海洋分野の講義を聴くだけではなく、他大学の学生・教員や社会人と寝食を共にして交流を深めることによって刺激を受け、切磋琢磨して行こうというモチベーションを喚起する目的を有しています。是非積極的に参加して視野を拡げて頂きたいと願っております。


開催期日

平成28年9月23日(金)〜25日(日)


開催場所

国民宿舎 野呂高原ロッジ
〒737-2631 広島県呉市川尻町板休5502-37 TEL 0823-87-2390


費用(参加費)

学生: 10,000 円、一般(社会人): 20,000 円
参加費は会場払い。宿泊・食事(2泊3日分)および懇親会費すべて込みです!


最大募集人員

40名


内容

第1日目:13:00〜

12:00〜13:00
受付
13:00〜14:30
特別講義その1
14:45〜16:15
特別講義その2
16:30〜18:00
特別講義その3
18:00〜20:00
夕食・懇親会

第2日目:8:30〜

07:30〜08:30
朝食
08:30〜10:00
基礎講座テーマその1−第1部
10:30〜12:00
基礎講座テーマその1−第2部
12:00〜13:30
昼食
13:30〜15:00
基礎講座テーマその2−第1部
15:30〜17:00
基礎講座テーマその2−第2部
18:00〜20:00
夕食・座談会

第3日目:8:30〜

07:30〜08:30
朝食
08:30〜10:00
基礎講座テーマその1−第3部
10:30〜12:00
基礎講座テーマその2−第3部
12:00〜12:10
修了式


特別講義、基礎講座の講師、テーマは以下のようになっています。

特別講義その1

「EEDIと水槽試験」
金井 健 氏(日本造船技術センター)

特別講義その2

「舶用プロペラの基礎と最近の研究動向」
川村 隆文 氏(数値流体力学コンサルティング)

特別講義その3

「流体力学に学ぶ」
土井 康明(広島大学大学院)

基礎講座テーマその1

「浮体運動と浮体式海洋再生可能エネルギー施設 (第1部〜第3部)」
村井 基彦(横浜国立大学大学院)

基礎講座テーマその2

「船舶流体力学におけるCFD(NS/RaNS法)の基礎 (第1部〜第3部)」
田原 裕介(海上技術安全研究所)

申し込み方法

参加申込書(WORDファイル(Word:39KB))をダウンロードし、必要事項を記入の上、下記の申込先までEmailにて送信して下さい。


申し込み先

河脇 健人 博士前期課程1年
広島大学大学院工学研究科輸送・環境システム専攻
Email : m164115@hiroshima-u.ac.jp


申し込み締め切り

平成28年9月2日(金) 平成28年9月9日(金)※申込みは終了しました。


問合わせ先

2016年度 性能・運動分野「夏の学校」世話役 陸田秀実
〒739-8527 広島県東広島市鏡山1-4-1
広島大学大学院工学研究院エネルギー・環境部門
TEL 082-424-7778,FAX: 082-422-7194
Email : mutsuda@hiroshima-u.ac.jp


▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016