メールニュース

新船型 セミオープンハッチバルカー 1番船竣工

(株)大島造船所設計部基本計画課 小椋直樹
試運転中の本船
試運転中の本船
[拡大画像]

大島造船所は本年4月18日、5万6千重量トン型セミオープンハッチバルカーの1番船である "PACIFIC INFINITY" を引き渡しました。セミオープンハッチバルカーとは、通常のバルカーとオープンハッチバルカーの中間に位置する船型で、箱形の貨物倉形状、広いハッチ開口部、ジブクレーンといった特徴を持っています。

本船は、弊社が建造するセミオープンハッチバルカーの中で最大の載貨重量を誇る船型であり、次世代省エネ船型として開発した新ラインズを採用しています。また、本船は新ラインズに加え、プロペラ周りの流れを改善する独自開発の船尾付加物「Flipper Fins」を採用することで大幅な燃料消費量削減を達成しています。

本船は以下のような優れた特長を有しています。

  1. 穀物、石炭、鉄鉱石、セメント、ニッケル鉱、ホットコイル等、多様な貨物の運搬に最適な船型。
  2. 二重船殻構造となっており、貨物倉内部に突出する骨が無いフラッシュサーフェス構造のため荷残りがほとんど無く、倉内のクリーニング時間を大幅に短縮。また、パッケージ貨物・ユニット貨物の積み付けにも適しており、貨物の固縛も通常のバルカーに比べ容易。
  3. ハッチ開口幅が約26mと大きく、トップサイドタンクを持たないため、クレーンによる貨物の直接積み付けが可能 (荷繰りによる貨物へのダメージを防止)。
  4. ニッケル鉱積載を考慮してデッキクレーンにはダブルベアリングを採用。グラブシートはクロスデッキとデッキストア上に計5台設置。
  5. 荒天時のスピードロスを抑えるため、独自開発の船首形状「Seaworthy Bow」を採用しており、実航海における低燃費を実現。

また、本船の主要目は以下の通りです。

主要目
載荷重量 5万6104重量トン
全長 189.99m
型幅 32.26m
型深さ 17.87m
満載吃水 12.546m
主機型式 MAN B&W 6S50MC-C(Mk7)
出力馬力 7,612kW×102.0rpm
航海速力 14.5kn
船級 NK
船籍 パナマ


小椋直樹
(株)大島造船所設計部基本計画課
船体計画

▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016