トップページ> 公募> 平成21年度若手研究者・技術者海外調査派遣公募のおしらせ

公募

平成21年度若手研究者・技術者海外調査派遣公募のおしらせ

(社)日本船舶海洋工学会 国際企画委員会・国際学術協力部会

日本船舶海洋工学会では、若手研究者・技術者の育成を促進するために、若手研究者・技術者の海外派遣を実施しております。派遣を希望される方は奮ってご応募ください。

1.派遣対象者の条件

満35歳以下の日本船舶海洋工学会会員※(正員または学生員)で、下記の何れかを通じて将来学会における当該研究分野の活動促進・交流ネットワークの構築等に貢献できる方。

  1. 船舶・海洋工学に係わる海外の先端的研究分野の調査・研究
  2. 海外の萌芽的研究分野の研究内容調査
  3. 海外での研究集会に参加し研究論文等を発表
  4. 新国際基準の動向調査

※過去に本事業で派遣された会員の方も応募可。


2.派遣期間

2週間を上限目安とするが、最長1ヶ月まで認める場合もある。

3.応募期間と応募方法

1次派遣(派遣期間:平成21年4月から10月まで)の募集締め切りは、平成21年1月5日(月)。
2次派遣(派遣期間:平成21年10月から平成22年1月まで)の募集締め切りは、平成21年5月7日(木)。
なお、2週間を超える派遣期間を希望される方は、平成21年1月5日(月)までにご応募ください。

派遣希望者は申請書[WORD:64KB]に必要事項を記載の上、以下の宛先に郵送または、メールにてご応募ください。
送付先:〒105-0012 東京都港区芝大門 2-12-9 浜松町矢崎ホワイトビル
(社)日本船舶海洋工学会事務局 【E-mail】
なお、研究委員会等の推薦を受けた場合は、推薦される研究委員会名を明記し、委員長推薦書を添付してください。

4. その他注意事項

  1. 1、2次派遣者はそれぞれ3名程度選定する予定です。募集締め切り後、1ヶ月以内に候補者を決定し、通知いたします。
  2. 派遣費用として、旅費、滞在費及び必要経費(シンポジウム等参加費など)を支給いたします。旅費は、旅行代理店の見積もり(相見積が必要)を基準に算定いたします。滞在費は、別途定められた額を滞在日数に応じて支給いたします。
  3. 派遣された方は、帰国後、1ヶ月以内に所定の用紙に基づき派遣報告をしていただきます(必須)。
    また、平成22年春季講演会において派遣者全員参加による海外派遣報告会を実施します(必須)。

▲このページの最上部へ

学会事務局

〒105-0012

MAP

東京都港区芝大門2-12-9
浜松町矢崎ホワイトビル 3階
TEL:03-3438-2014/2015
FAX:03-3438-2016