日本船舶海洋工学会 関西支部  
関西支部
関西支部について
講演会/会議情報
メールニュース
研究委員会
その他
支部TOPへ

関西支部総会報告

 関西支部通常総会が、5月25日(木)午前11時から大阪大学コンベンションセンターで行われました。午後からは、学会の通常総会、春季講演会、ポスターセッション、懇親会、翌日にはシップ・オブ・ザ・イヤー2005応募発表会が予定されており、充実した2日間が始まりました。
本年度の支部総会では、下垣運営委員の司会のもとに、修理運営委員が議長として選出され、議事が進められました。事業報告と会計報告が長谷川副支部長と戸田運営委員から報告された後、監査報告が佐田国監事より行われ、満場の拍手で了承されました。続いて、事業計画と予算案が示され、これも満場の拍手で了承されました。予算案では、新たに「青少年啓蒙活動費」「社会貢献事業費」が加えられたことが報告されました。その後、いくつかの支部規則・細則の変更案が了承され、すべての議事が無事に終了しました。なお、本年は、残念ながら関西支部長賞の該当はありませんでした。
 最後は奥野支部長の挨拶で締めくくられました。挨拶では、昨年度は、支部としての初年度の活動ということもあり多少の混乱があったが、本年度は、そのような反省を踏まえ、グローバルな視点と思考から、関西に密着した精力的な支部活動を展開していく決意が述べられました。また、若い世代への積極的なアプローチを引き続き行うとともに、シニア会員の活動も支援していくことも述べられました。
支部総会の参加者は、委任状による参加も含めて約50名を数えました。

(関西支部 会務委員 箕浦宗彦)


支部総会風景


PageeTop
Copyright 2005 日本船舶海洋工学会 関西支部 All Rights Reserved.
E-mail