日本船舶海洋工学会 関西支部  
関西支部
関西支部について
講演会/会議情報
メールニュース
研究委員会
その他
支部TOPへ

2006年度見学会 「のり研究所見学会」報告

前日の新年特別講演会「海藻養殖と海洋環境」に因み、講師の真鍋武彦氏にもご同行頂いて、1月27日にのり研究所、加工場及び流通センターの見学を行いました。

9時30分、JR明石駅に24名が集合し、バスにてのり研究所に向かいました。同所は兵庫県水産技術センターに隣接しているが、兵庫漁連に属するもので、全国で唯一海苔専門の研究所とのこと。
のり研究所見学会

水産技術センターの二羽さんより、海苔及びその養殖に関する説明を受けた後、同研究所の高瀬さんのご案内で施設を見学しました。

海苔の繁殖過程に始まり、兵庫県での農水産物生産高では海苔が米に次ぐとの話まで、初めてお聞きすることが多く、熱心な質問と丁寧なお答えで予定を30分も超過。主催者側としては見学会の手応えに満足する反面、後の予定もあって、やきもきしつつ同研究所の見学を終えました。

その後の加工場では養殖網への胞子付け、刈り取り、板海苔生産に至るまで家族単位で行っており、それに必要な船、加工用の機械等もそれぞれの家族の所有との説明を受け、大変だなあと言うのが正直な感想。また流通センターでは、同センターの上田さんより選別、出荷についてのご説明と選別場及び選別後の海苔を見せて頂きました。

色、艶、テリ、重さ、穴の有無等で専門の検査員が選別し、それぞれの用途ごとに入札、出荷されるとのこと。最近は高級海苔の贈答用途が減少し、困っているともお聞きしました。

直に節分で消費も増えるのではとか、今年の恵方はどちらかなとか考えながらセンターを後にし、1時過ぎに充実の見学会を終えました。解散後は三々五々、近くの「魚の棚」に行かれた模様ですが、正確には関知していません。
  (記 会務委員 植田和男)


PageeTop
Copyright 2005 日本船舶海洋工学会 関西支部 All Rights Reserved.
E-mail