日本船舶海洋工学会 関西支部  
関西支部
関西支部について
講演会/会議情報
メールニュース
研究委員会
その他
支部TOPへ


体験型海洋セミナー さあ,君も船を動かしてみよう!

神戸大学 西尾 茂

  本年度の体験型海洋セミナーは,8月22日〜23日の2日間,深江丸船上にて行われました。昨年度は,台風に見舞われて大阪湾近辺での実施に変更を余儀なくされましたが,本年は天候・海象に恵まれ,神戸大学海事科学部から小豆島・内海湾までの往復の航海を快適に行うことができました。航海中は,船と海に関する4回の講義と,寝食を共にする中での集団生活でのマナー,協調性,リーダーシップなどの涵養を目指したプログラムが実施されました。セミナーは,小学校5,6年生を対象とし,124名の応募者から抽選で選ばれた30名が,1泊2日のセミナーに参加しました。

体験型海洋セミナー

神戸大学:操練-退船訓練風景-

  本年の学習プログラムは,(1)船のはなし,(2)船の浮くわけと安定性,(3)船と星の関係の3つをテーマに取り上げ,プログラムを実施しました。また,本セミナーの重要な構成要素である集団生活での協調性や自立心,リーダーシップの涵養については,食事の準備,後片付け,清掃などの日常生活での自己管理と,船橋当直や心肺蘇生体験,救命胴衣をつけての退船訓練など日常では体験できないプログラムへの挑戦の中で,学習が進められました。5月に開催された本学会関西支部講演会で,本セミナーの意義と実施については報告されていますが,本年度の新しい試みとして導入した星座の観察会などは,船上での管理下で,安全に実現が可能となるプログラムであると自負しており,今後も同様のプログラムの開発,セミナーの実施効果などについて,検証などを進めてゆきたいと考えています。



青少年サマーセミナー2006

大阪府立大学 片山 徹

 
体験型海洋セミナー

神戸大学:操練-退船訓練風景-


体験型海洋セミナー

大阪府立大学:笑顔とともに修了


2005年8月25日(金),26日(土)の両日,大阪府立大学において,「青少年サマーセミナー2006」が開催されました。15回目となる今年のテーマは,「知ろう!遊ぼう!サイフォンの原理」。小学校高学年生を中心に両日合わせて74名の参加がありました。

 大学院生の男女2名の司会と教員ふんする博士の掛け合いのもと、午前中はクイズや体験実験をとおしてサイフォンの原理によって水が流れる仕組みを勉強。さらに水中に沈んだ重たい物を吸い上げるための工夫についても体験しました。午後からは、ビニールチューブとアクリルケースを用いてサイフォンの原理を使った工作をしました。子供たちは,自分の作品にカラーペンやカラーシートでカラフルに飾り付け,おおはしゃぎでした。最後に子供たちは,博士から修了証を受け取り,みんなで記念撮影を済ませ,笑顔とともに無事解散となりました。

  最後になりましたが,本セミナーの開催において,日本船舶海洋工学会関西支部にご後援いただき,関係者各位にこの場を借りて御礼申し上げるとともに,来年度も,引き続き同セミナーを開催したいと考えておりますので,これからもご後援賜りますようよろしくお願いします。さて,気は早いのですが,来年度はどんなテーマにするかが悩みの種です...




2006年関西支部社会貢献活動報告

会務委員 大塚記

 
体験型海洋セミナー

これから海岸清掃を始めます


体験型海洋セミナー

1,000人以上で須磨海岸を清掃


 去る9月17日(日),「参加しよう! 国際クリーンアップ・キャンペーンin須磨!!」と題して,須磨海岸においてゴミ拾いボランティアを行いました。国際クリーンアップ・キャンペーンは,アメリカの環境NGO,The Ocean Conservancyが取りまとめている,世界的なゴミ調査を兼ねた海岸クリーンアップのイベントで,1986年にテキサス州で始まり,1990年に日本も加わりました。現在は河川や湖沼などにも広がって世界100カ国ほどで行われています。関西支部は,一昨年度から国際ビーチクリーンアップ・キャンペーンへの参加を行っており,3年目となる本年は須磨海岸のクリーンアップに15名が参加しました。

 須磨海岸のクリーンアップは,日本にクリーンアップ・キャンペーンが入ってきた当初から行われている伝統のあるイベントで,毎年春と秋の2回,総勢1000人規模で行われます。今回も我々と同じように企業や地域などの団体が多数参加し,広い須磨海岸がわずか1時間足らずの間にすっかりきれいな姿となりました。また,ただゴミを拾うだけではなく海岸ゴミ調査も兼ねており,ゴミを拾う際には,細かなゴミ分類表が書かれたシートに数を記入していきます。毎回のようにゴミ1位に輝く(?)のはタバコのフィルターで,このような調査結果を受けて,須磨海岸では携帯灰皿を持参していない人の喫煙は禁止となっているということです(須磨に出かけるスモーカーは要注意!)。

  当日は,台風の接近も心配されましたが,蓋を開けてみると非常に良い天気で,熱射病も心配されたほどでしたが,汗だくでゴミ拾いを行った後は,冷たい飲み物(ビールやジュースが用意されました)で心と喉を潤しました。





PageeTop
Copyright 2005 日本船舶海洋工学会 関西支部 All Rights Reserved.
E-mail