日本船舶海洋工学会 西部支部  
西部支部
西部支部について
講演会/会議情報
メールマガジン
お知らせ
本部 TOP へ

日本船舶海洋工学会西部支部・関西支部合同シンポジウム
「造船構造設計者のための有限要素法」開催のお知らせ

旧関西造船協会 KSSG 委員会は 2004 年 12 月に「造船構造設計者のための有限要素法」を刊行しました。この書籍は,船体構造の有限要素解析業務に携わる若手造船技術者にとって,モデル化技法,結果の評価など有限要素解析ソフトウェアを使いこなす能力を涵養できる絶好の教科書として好評を得ました。

また,2006 年 1 月には,この教科書の内容をより深く学ぶことができる機会として,四つのセミナー講演からなるシンポジウムを関西支部主催で神戸にて開催し,多数の参加を得ました。

この度,同様のシンポジウムを造船所の多い西部支部にて西部支部・関西支部合同シンポジウムとして開催する運びとなりました。造船所,設計会社,大学等で有限要素法による船体構造解析能力の向上を目指す皆様の多数のご参加をお待ちいたします。

主催 日本船舶海洋工学会西部支部構造研究会
日本船舶海洋工学会関西支部 KSSG 研究会
日本船舶海洋工学会関西支部材料・構造研究会
日時 2007 年 2 月 6 日(火)
 11:00〜17:20 シンポジウム
 17:30〜19:00 懇親会
会場 九州大学 21 世紀交流プラザ II (箱崎理系地区)
  〒812-8581 福岡市東区箱崎 6-10-1
  ※ 九州大学箱崎地区キャンパスマップ 17 番の建物
スケジュール
  • 11:00〜11:10
     開会あいさつ
      矢尾哲也 (大阪大学)
  • 11:10〜12:10
     船体に作用する荷重と船体構造の特徴
      深澤塔一 (金沢工業大学)
  • 12:10〜13:00
     昼食
  • 13:00〜14:00
     有限要素法の基礎理論
      藤久保昌彦 (広島大学)
  • 14:00〜15:20
     有限要素法による船体構造解析手順とモデル化
      稲田陽一 (三井造船(株))
  • 15:20〜15:30
     休憩
  • 15:30〜16:50
     有限要素法解析結果の評価
      吉川孝男 (九州大学)
  • 16:50〜17:10
     総合質疑
  • 17:10〜17:20
     閉会あいさつ
      藤久保昌彦 (広島大学)
  • 17:30〜19:00
     懇親会
      会場 : 九州大学工学部 5 号館
          (船舶海洋システム工学教室の建物)
参加費 会員 : 4,000 円,学生員 : 2,000 円,非会員 : 6,000 円
※ テキスト「造船構造設計者のための有限要素法」を
  購入済参加者は 2,000 円を差し引きます。
懇親会費 一般 : 2,000 円,学生 : 1,000 円
参加申し込み
  • 申し込み先
     西部支部事務局シンポジウム参加申し込み窓口
     (fem_sympo@west.jasnaoe.or.jp)
  • 申し込み内容
     氏名,所属,会員資格,電話番号,FAX 番号,
     E-mail アドレス,懇親会参加の有無
  • 申し込み締切
     2007 年 1 月 30 日(火) (必着)
  • 備考
     テキスト購入済みの方は,その旨ご連絡ください。
     個人情報は本シンポジウムに関する連絡以外に使用いたしません。
  • 取纏め
     藤久保昌彦 (広島大学)
PAGE TOP  

Copyright 2005 日本船舶海洋工学会 西部支部 All Rights Reserved.
E-mail