日本船舶海洋工学会 西部支部  
西部支部
西部支部について
講演会/会議情報
メールマガジン
お知らせ
本部 TOP へ

「競争力強化のための造船技術開発に関するフォーラム」開催のお知らせ

西部造船会技術研究会および日本船舶海洋工学会西部支部主催により「競争力強化のための造船技術開発に関するフォーラム」を下記の要領で開催しますので,会員の皆様におかれましては,多数ご出席くださいますようお願い致します。

開催期日 2006 年 12 月 13 日(水) 13:00〜17:00
開催場所 九州大学 21 世紀交流プラザ I (箱崎理系地区)
 〒812-8581 福岡市東区箱崎 6-10-1
 ※ 九州大学箱崎地区キャンパスマップ (16 番の建物)
概 要 今,造船業は空前の受注を受け,好況を享受しているが,国際的に建造能力は急速に拡大しつつあり,今後には厳しい競争の時代が予想される。先進国の造船業が競争力を維持するには技術開発が必要ということで,西部造船会技術研究会では技術開発課題検討委員会を設置し,今後に開発すべき課題の抽出を行うと共に,今日の条件下での開発体制についても検討してきた。今回のフォーラムでは衰退しつつある日本の造船技術の研究開発の再活性化について問題提起し,今後の幅広い議論の出発点にすることを期待したい。
プログラム
  • 開催の挨拶
     西部造船会技術研究会会長 藤田重友
     日本船舶海洋工学会西部支部長 福島昭二
  • 技術開発課題検討委員会の報告について
     同委員会座長 小瀬邦治 (広大)

第 1 部 研究開発課題の提案
  • 物流の立場から船舶の機能革新を促す技術開発
     篠田岳思 (九大)
  • 船舶管理、運航の革新に資する技術開発
     吉川孝男 (九大)
  • 発展し,利用が期待される IT の船舶への応用
     新宅英司 (広大),尊田雅弘 (三菱長崎)
  • 船舶におけるプリウス的な環境技術
     安川宏紀 (広大)
  • 研究が提供するシーズの活用による技術開発
    (1) 流体分野における解析技術
       柏木 正 (九大)
    (2) 構造分野における解析技術
       藤久保昌彦 (広大)
    (3) 情報・システム技術を利用した設計・建造支援技術
       濱田邦裕 (広大)

第 2 部 技術開発の環境と再活性化
  • 技術開発の環境と再活性化の方向に関する報告
     同委員会座長 小瀬邦治 (広大)
  • 日本船舶海洋工学会 "研究ストラテジー (RS) 研究委員会" の活動状況の紹介
     同委員長 藤久保昌彦 (広大)

  • 総合討論

  • 懇親会 (参加費 2,000 円程度)
参加申し込み
  • 申し込み先
     西部支部事務局フォーラム参加申し込み窓口 (forum@west.jasnaoe.or.jp)
  • 申し込み内容
     氏名,所属,懇親会参加の有無
  • 申し込み締切
     2006 年 12 月 6 日(水) (必着)
PAGE TOP  

Copyright 2005 日本船舶海洋工学会 西部支部 All Rights Reserved.
E-mail