第4回 フォトコンテスト「旅する船」

  • 1
  •  
第4回 フォトコンテスト「旅する船」  セネガルの港から世界へ
画像をクリックすると拡大します
No.
12
タイトル
セネガルの港から世界へ
撮影者
YY
コメント
セネガルから想いを馳せて世界に向かう船、出発前、港に停泊
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 荷物を載せて
画像をクリックすると拡大します
No.
11
タイトル
荷物を載せて
撮影者
YY
コメント
荷物を載せて世界の船旅。
荷物を送り受け取る人がいる、気持ちをつなぐ船
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 ぱしふぃっくびいなす
画像をクリックすると拡大します
No.
10
タイトル
ぱしふぃっくびいなす
撮影者
マリリン
コメント
初めて見ました。豪華な船でした。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 休むにっぽん丸
画像をクリックすると拡大します
No.
9
タイトル
休むにっぽん丸
撮影者
カメ吉
コメント
長い旅の疲れを、癒しているかのように横浜大さん橋に、停泊しているにっぽん丸を、撮影しました
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 長崎の光
画像をクリックすると拡大します
No.
8
タイトル
長崎の光
撮影者
takarium
コメント
出港寸前のOvation of the seasです。夜景に映し出されたファンネルからの白煙も幻想的に見えます。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 文化のモザイクを旅する
画像をクリックすると拡大します
No.
7
タイトル
文化のモザイクを旅する
撮影者
旅するうーの
コメント
5年ぶりに観光が解禁になった国、チュニジア。
その街並みや文化は、アラブとヨーロッパの入り混じる不思議な国。
広くエーゲ海に囲まれて、故人たちもこの港町へ旅へ、商いへ来たことだろう。
そんな事に想いを馳せながら、採れたての魚介類のランチを頂いた。
船の中で食べるランチは格別。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 至福の時間へ
画像をクリックすると拡大します
No.
6
タイトル
至福の時間へ
撮影者
いとー
コメント
大勢の見送る家族や観光客を横目に
大海原に出る豪華客船
見ず知らずの人にまで手を振る姿が
とても暖かく感じシャッターを切りました。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 浦賀の夜明け
画像をクリックすると拡大します
No.
5
タイトル
浦賀の夜明け
撮影者
みやさん
コメント
早朝、横須賀市の海辺に昇る朝陽を見つめていたら、偶然にも貨物船が浦賀水道を渡ってきました。
ゆっくりと進む貨物船とゆっくりと昇る朝陽、一歩づつ前に進めと背中を押された気分でした。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 赤い靴の女の子も乗船したい…
画像をクリックすると拡大します
No.
4
タイトル
赤い靴の女の子も乗船したい…
撮影者
たびふね丸
コメント
大桟橋に停泊中のダイヤモンドプリンセスを、山下公園にある「赤い靴はいてた女の子」像越しに撮ったものです。「異人さんに連れられて行っちゃた」と歌われる女の子は、今でも船旅に出る客船をこの地で見つめ続けています。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 試運転
画像をクリックすると拡大します
No.
3
タイトル
試運転
撮影者
けんた
コメント
はためく国際信号旗が青い空に映えて大変きれいでした。
第4回 フォトコンテスト「旅する船」 未来への船出
画像をクリックすると拡大します
No.
2
タイトル
未来への船出
撮影者
けんた
コメント
夕陽を浴びて広い海に佇む大型タンカーは孤独に見えてどこか力強く心惹かれるものがありました。
  • 1
  •  
トップへ戻る