Japanese
メニュー
論文集・学会誌
ホーム > 論文集・学会誌 > 船舶海洋工学シリーズ 全12巻:第三回配本

船舶海洋工学シリーズ 全12巻:第三回配本

日本船舶海洋工学会 監修

1. 船体運動 耐航性能 初級編

第三回配本

池田良穂・梅田直哉・慎燦益・内藤林 著

B5判 288頁・定価4,600円

耐航性能の初級知識を徹底管理!「耐航性能」は、荒れた海の中でも船体、機関、積荷などに損傷を受けることなく予定通り航行できる能力。本書では、この船舶の耐航性能について、学んでおくべき基本的な事項や理論的アプローチの基礎などをわかりやすくまとめた。船舶の耐航性能の初級の知識を徹底整理する上で最適な1冊。

2. 船体構造 振動編

第三回配本

荒井誠・遠山泰美・渋江唯司・修理英幸・深沢塔一 著

B5判 288頁・定価4,600円

接水振動や防振対策、波浪中での船舶の動的応答についても詳しく解説した振動学の新定番!振動に関する基礎知識・基礎理論から、船体振動問題への応用についてまで幅広く学習できる。とくに一般的な振動学の教科書にはない、梁や板の振動理論、接水振動については詳しく解説した。

3. 船舶性能設計

第三回配本

荻原誠功・山崎正三郎・芳村康男・足達宏之 著

B5判 274頁・定価4,600円

船舶流体力学を基礎とする船舶性能設計に関する理論を紹介。船体の抵抗成分と船型設計の考え方、プロペラ推進による船尾形状の設計法、プロペラの特性とその設計法、船舶操縦運動を制御する操縦装置の設計、船舶に装着される省エネ装置の原理とその効果、就航後の船舶性能の解析手法などについて実例を示しながら解説した。

4. 海洋構造物

第三回配本

飯島一博・井上俊司・岡田真三・尾崎雅彦・神田雅光・鈴木英之・高木健・前田克弥・正信聡太郎・松浦正巳 著

B5判 176頁・定価3,700円

資源開発、エネルギー問題対策などで注目される海洋開発の基礎技術が1冊に!海洋開発に用いられる機器や設備を、海洋の波、風、流れ、水圧など厳しい環境下で保持し、安全に機能させるための基盤技術、海洋構造物の基本的概念から力学的特徴、設計の考え方についてまで紹介する。

購入申込み

船舶海洋工学シリーズ申込書」(Word:36KB)にご記入のうえ学会事務局までFAXまたはE-mailして下さい。学会にお申込みいただくと、消費税分および送料がサービスとなります。また2冊以上ご注文の場合は税込合計金額の1割引になります。 [事務局へメールする]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る