メニュー
論文集・学会誌
ホーム > 論文集・学会誌 > 日本船舶海洋工学会論文集掲載論文投稿規程

日本船舶海洋工学会論文集掲載論文投稿規程

平成27年5月25日 理事会承認

1. 論文の内容

造船・造機・海洋工学、その他一般海事に関するもので、未発表のものに限る。 但し、日本船舶海洋工学会講演会で講演された講演論文は未発表のものと見なす。

2. 投稿資格

投稿申込者と筆頭著者は日本船舶海洋工学会会員に限る。ただし、非会員が共著者として加わることは差支えない。

3. 論文の審査

応募論文は、本会論文審査委員会において査読者による査読結果をもとに論文掲載の可否を決定し、著者に通知する。 尚、担当審査委員および査読委員の氏名は公表しない。審査は別に定める「論文審査委員会および論文の審査に関する内規」による。

4. 発表の方法

論文審査委員会において掲載可とされたものは、本会論文集に掲載される。

5. 論文の長さおよび数

  1. 論文の長さ:
    論文の長さは8頁(印刷仕上り)以内を標準とする。審査の結果等により論文の長さの修正を指定することがある。
  2. 論文の数:
    同時に複数の論文を応募することは差支えないが、つぎのような場合は合せて1論文と見なす。
    [1]同一の表題で、その1、その2、・・・などに分けられたもの
    [2]表題は異なっているが、その内容から見て密接な関連があると認められる一連の論文

6. 論文の著作権

日本船舶海洋工学会論文集に掲載される論文の著作権は本会著作権内規により本会に帰属する。

7. 原稿の書き方

原稿は電子ファイルにて作成することとし、MS Word等のワープロソフトやTeX等を用いて原稿を作成し、pdf形式の原稿ファイルを作成すること。原稿の作成には、本会ホームページで提供するMS WordまたはTeX用のテンプレートを使用すること。 「日本船舶海洋工学会原稿用紙」を用いて原稿を作成せざるを得ない場合は、事前に事務局に連絡し原稿作成方法の指示を仰ぐこと。ただし、原稿の電子化に必要な経費は投稿者が負担する。

8. 原稿の提出

論文申込書は原則として電子ファイルのみにて受け付けるものとし、インターネット上のWeb電子投稿システムを用いてpdf形式の原稿ファイルの投稿を行うこと。Web電子投稿システムの使用法等については本会ホームページ等を参照のこと。

9. 論文掲載料

掲載を可とされた論文は、下記の論文掲載料を、本会の指定する期日までに納入すること。

1論文につき印刷仕上り 6頁まで 20,000円
7頁まで 25,000円
8頁まで 30,000円
8頁を越え15頁までは超過1頁につき10,000円を加算
16頁以上は超過1頁につき20,000円を加算

10. 論文集の贈呈

掲載された論文の著者(代表者)には、当該論文集を1冊贈呈する。

※カラー頁について(2016.12 改定)

本論文集はモノクロ印刷です。カラー印刷の場合は、最初の1頁70,000円、2頁以上、超過1頁につき20,000円となります。カラー印刷をご希望の著者は別途事務局までお申し出ください。

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
ページの先頭へ戻る