Japanese
メニュー
論文集・学会誌
ホーム > 論文集・学会誌 > シリーズ・読み物 > 造船所のかっこいいオヤジ > Vol.026 仕事の流儀と道しるべ

シリーズ:造船所のかっこいいオヤジ

Vol.026 仕事の流儀と道しるべ

図1 奥園 一光さん

1. はじめに

現在、常石造船(株)常石工場 生産部 塗装グループ職長であり又、溶接の「匠」である奥園 一光(おくぞの かずみつ)さん(図1)を「造船所のかっこいいオヤジ」として紹介します。

奥園さんは、1974年(昭和49年)4月に常石造船(株)に入社し、当時の船殻工作部船殻外業課に配属されました。

船殻では30年間、溶接班として加工から小組、搭載まで経験し、何度となく海外工場(フィリピン、中国)へ赴き、溶接の技術指導者として現地作業員の教育にあたりました。特に2003年の中国工場立ち上げ時、2006年のフィリピン工場溶接トレーニングセンター立ち上げ後の現地作業員教育は、記憶に残っているようです(図2、図3)。

図3 溶接研修
図2 フィリピンでの教育風景

その後、建造部船装グループを経験し、2008年に現職である生産部塗装グループ職長で活躍されていますが、長年にわたって国内外における溶接指導に携わってこられた結果が、2011年2月に溶接「匠」の称号を与えられたのだと感じました。

近年では、パラグアイ工場の立ち上げ後に溶接技術、塗装技術指導のみならず、足場作りや検査も含め多種多様に現地作業員への教育に出張されています。

2.仕事の流儀

塗装グループは, 塗装という職業柄、足場設置作業も仕事の範疇とのことです。塗装チームリーダー、足場チームリーダーがいるので信頼して任せ、必要な時にアドバイスを行っているとのことですが、普段は上流や下流工程との摺り合わせが必要で、人とのつながりがないと仕事はうまく運べないとのこと。

図4 ブラスト工場

職長として、ブラスト/塗装工場建設(図4)にも携わり、どこの造船所も作業工程の一つとして定着していると考えますが、ブラスト後の塗装までを屋内でのトコロテン方式で2~3日でブラスト/塗装工場から出しています。その間に、自主検査が行われ、船主/船級検査が行われることになります。

次章の「若手への道しるべ」につながりますが、若手、ベテランを問わず、「判らない事は恥ずかしがらずに声をかけ教えてもらう。又、問われたら答える。」といった具合にコミュニケーションをとり、仕事を円滑に行うことが、奥園さんの「仕事の流儀」であると感じました。

3.若手への道しるべ

来年、定年という区切りを迎えるにあたり海外も含め若手や後継者への道しるべを次のとおりまとめて頂きました。

  • 明確な指示が必要である(曖昧はダメ)。
  • ベテランの作業を見させて、同じ作業をやらせてみる。
  • 図面、パソコンの中のみではなく、現場を見させて学ばせる。
  • 相談にのる(一緒に勉強する、若手からも吸収することも大切)。
  • 自部署のみならず、いろんな部署への声かけが必要である(助け合うことで将来の次につながる)。
  • 上記に加え海外では、こまめに作業状況を確認する(確認させる)。

4.リフレッシュ

図5 持ち帰った草花

奥園さんのリフレッシュ法は、休みの日に、農道や山歩きをしながら季節ごとの草花を散策することのようです。場合によっては、その株も家に持ち帰り、庭に植え育てているようです(図5)。食事も摂らずに、水のみで一日中歩き回ることもあり、家族から叱られることもあるようです(携帯電話で帰ってこいコールもしばしばとか)。夏には、ミニトマト、ナス、きゅうりなども育てているようです。

二つ目のリフレッシュ法は、風呂にゆっくり入ること。そして湯上りのビールと焼酎が楽しみで一日の疲れを癒しているようです。

三つ目は、お孫さんの世話をする時のようです。

5.あとがき

どのような仕事をするにしても、人との繋がりが必要であることを改めて教えられました。特に、若手から「オヤジ」と呼ばれるように親しくなっていることが、奥園さんの人柄を表しているように感じました。

これからもリフレッシュをしながら元気な体を維持して、後輩への指導を宜しくお願い致します。

福岡 邦孝(ふくおかくにたか)
常石造船(株) 設計本部 設計管理部
部長

  • Photo Gallery
  • Ship of the Year
  • デジタル造船資料館
  • アフターコロナ禍特別検討委員会報告会

近日中のイベントはありません

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る