Japanese
メニュー
研究活動
ホーム > 研究活動 > 研究会 > 船体構造研究会

研究会

船体構造研究会

分野:構造強度・材料溶接(Strength and Material)

日本船舶海洋工学会各支部に設置されている構造系3研究会(東部支部構造研究会、関西支部KSSG、西部支部構造研究会)の連合・連携組織である。

活動概要

主な活動内容

プロジェクト研究委員会の設置など、船体構造分野の研究企画に関する意見交換を行い、構造系3研究会の情報共有により、学会内活動の有効化・活性化を図る。また、3研究会の活動状況を把握し、年度評価を実施する。

基本情報

研究会長(所属)
北村 充(広島大学)
委員会委員数
133名
キーワード
構造強度、構造設計、構造解析、溶接・施工、建造、座屈・最終強度、振動応答、波浪荷重

参加資格、参加方法

構造系3研究会(東部支部構造研究会、関西支部KSSG、西部支部構造研究会)のいずれかに所属していること。

参加資格に関しては、研究会の内部規約で別途定めておりますので、参加をご希望される方は、下記連絡先よりご連絡ください。

[問合せ先:北村 充(広島大学)]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る