Japanese
メニュー

シップオブザイヤーsoy2021 すいそ ふろんてぃあ

シップオブザイヤーsoy2021

soy2021受賞作品紹介

詳細はそれぞれの写真をクリックしてください。

すいそ ふろんてぃあ
「すいそ ふろんてぃあ」
ハイドロびんご
「ハイドロびんご」
CENTURY HIGHWAY GREEN
「CENTURY HIGHWAY GREEN」
りゅうと
「りゅうと」
汐路丸
「汐路丸」

公益社団法人 日本船舶海洋工学会が授賞するシップ・オブ・ザ・イヤーは、毎年日本で建造された話題の船舶の中から、技術的・芸術的・社会的に優れた船を選考して与えられるもので、32回目となる今年は合計11隻が選考の対象となりました。

シップ・オブ・ザ・イヤー2021の応募作品発表会と選考委員会は、去る5月10日に、新型コロナウイルス感染症対策のためWeb会議併用形式で開催され、「シップ・オブ・ザ・イヤー2021」には、世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」が選ばれました。

各部門賞には、「ハイドロびんご」(小型客船部門)、「CENTURY HIGHWAY GREEN」(大型貨物船部門)、「りゅうと」(小型貨物船部門)、「汐路丸」(漁船・調査船部門)がそれぞれ選ばれました。

授賞式は、日本マリンエンジニアリング学会および日本航海学会の表彰と共に、海事三学会合同表彰式として7月22日に海運クラブにおいて執り行われます。

選考経緯

「シップ・オブ・ザ・イヤー2021」には、小型客船部門4隻、大型貨物船部門2隻、小型貨物船部門3隻、漁船・調査船部門2隻の、計11隻の応募があった。これを受けて3月31日に海事分野の技術専門家からなる予備審査委員会が開かれ、このうち10隻が本選考委員会に推薦された。

候補船の発表会・選考委員会は、5月10日に、発表会はオンライン形式で、選考委員会はWeb会議併用方式で開催された。

各応募船の担当者によりプレゼンテーションが行われ、選考委員からの活発な質疑が行われた。質疑応答は予定されていた時間を超えることも多く、全10隻の発表会は3時間余りに及んだ。

その後、選考委員会が11名の委員が出席またはWeb参加して開催された。発表会でのプレゼン内容や質疑応答、予備審査委員会での審査結果(技術の独創性・革新性、技術・作品の完成度、社会への波及効果、話題性・アピール度)やコメントを参考として選考が進められた。まずフリーディスカッションの後、全選考委員から、シップ・オブ・ザ・イヤーに推薦する作品1~2点を推薦理由も付け加えながら挙げてもらった。

候補に挙げられた3作品についてさらに活発な議論が行われ、最終的には10票を得た「すいそふろんてぃあ」をシップ・オブ・ザ・イヤー2021に選定した。同船は、燃焼時にCO2を排出しない次世代エネルギーとして期待される水素を、-253℃で液化し気体の1/800の体積にして運ぶ液化水素運搬船のプロトタイプとして世界に先駆けて開発・建造された。オーストラリアからのブルー水素の運搬に成功しており、今後の大型運搬船への発展が期待される。

続いて、各部門賞の選考を実施した。

小型客船部門賞においては、世界初の水素を燃料とするアルミ合金双胴旅客船「ハイドロびんご」が9票を得て選ばれた。シップ・オブ・ザ・イヤー2021に選ばれた水素運搬船と共に、水素を動力源とする船舶が同じ年に開発されたことは意義深い。また、従来船とは異なる外観デザインも評価された。

大型貨物船部門では、LNG燃料の自動車運搬船「CENTURY HIGHWAY GREEN」が8票を得て選ばれた。昨年のシップ・オブ・ザ・イヤー受賞船と同じLNG燃料の自動車運搬船であるが、高圧式燃料噴射システムを採用したディーゼルサイクルとして、環境負荷の大きいメタンスリップを軽減していることが評価された。また、外観デザインも優れているとの評価もあった。

小型貨物船部門賞には、196トンのケミカル運搬船「りゅうと」が7票を得て選ばれた。船員不足に悩む内航船業界にあって、荷役や離着岸操船のデジタル化を進めて船員の負担軽減を図ったことが評価された。

漁船・調査船部門賞には、東京海洋大学の練習船「汐路丸」が10票を得て選ばれた。船舶職員の養成だけでなく、海洋開発人材の養成も担う多機能船であり、新しい海洋系大学の練習船に相応しいとの評価があった。

選考委員長 池田 良穂

選考委員会委員

池田 良穂 氏
(委員長)大阪府立大学 名誉教授
川崎 和男 氏
大阪大学名誉教授 名古屋市立大学名誉教授
三栖 邦博 氏
建築家 元日建設計会長
種村 国夫 氏
イラストレーター [御欠席]
鈴木 志津子氏
フリージャーナリスト
米家 卓也 氏
日本海事協会 顧問
関口 博之 氏
元NHK解説委員 経済ジャーナリスト
平野 哲行 氏
平野デザイン設計 代表取締役社長
井手 清吾 氏
海事プレス社 代表取締役社長
遠藤 聡 氏
日本海事新聞社 特別編集委員
中村 紳也 氏
一般社団法人 日本船長協会 副会長
北村 充 氏
日本船舶海洋工学会 理事(広報担当)

受賞船の主要目

シップ・オブ・ザ・イヤー2021「すいそ ふろんてぃあ」

燃焼時に二酸化炭素を排出しない次世代エネルギーとして期待される水素を大量に海上輸送できる世界で初めての液化水素運搬船。陸上用液化水素設備で培った真空断熱技術を基に、海上輸送用タンクや配管システムなどを開発することで、長距離外洋航行が可能な液化水素運搬船を実現した。海外から安価な水素を安全かつ安定的に調達することが可能となり、発電をはじめとする水素利用の普及促進と水素価格の低減が期待される。

シップ・オブ・ザ・イヤー2021「すいそ ふろんてぃあ」
船名
すいそ ふろんてぃあ
船種
液化水素運搬船
船主
技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(HySTRA)
建造会社
川崎重工業株式会社
竣工年月日
2021年12月3日(船級取得日)
Lpp × B × D - d
109.0m × 19.0m × 10.6m - 4.5m
総トン数
7,849トン
速力
約13.0ノット
主機
主推進電動機 2 × 1,360kW
積載貨物
液化水素 1,253 m3
特徴的な構造・艤装品
真空二重配管、バウスラスタ、シリング舵、可変ピッチプロペラ

小型客船部門賞「ハイドロびんご」

水素と軽油を燃料とする混焼エンジンで航行する世界初の旅客船「ハイドロびんご」は、航行時のCO2排出量を最大50%まで削減が可能。また、水素社会インフラが整備されていない環境下でも、軽油専焼で継続して航行ができる。独自発想による水素燃料システム、専用の水素タンクトレーラーも併せて開発した。さらに、交通バリアフリー法に適合する設備を備えており、様々な方々にご乗船して頂く事が可能な旅客船として成立している。

小型客船部門賞 「ハイドロびんご」
船名
ハイドロびんご
船種
アルミ合金製双胴旅客船
船主
ジャパンハイドロ株式会社
建造会社
ツネイシクラフト&ファシリティーズ株式会社
竣工年月日
2021年7月12日
Lpp × B × D - d
17.16m × 5.40m × 1.75m - 0.75m
総トン数
19トン
速力
試運転最大速力26.0ノット、航海速力23.0ノット
主機
水素軽油混焼エンジンHyPenta D13-1000
441kW×2,300min-1×2基
旅客、船員数
旅客 80名、船員 2名
特徴的な艤装品
水素タンクトレーラー、統合モニターシステム、低圧水素二重配管、水素減圧弁ユニット水素燃料開閉装置、ガス検知器、火災探知機(熱感知タイプ)、散水装置、通風装置、バリアフリートイレ自動旋回扉、展望デッキ

大型貨物船部門賞「CENTURY HIGHWAY GREEN」

川崎汽船は、国際海事機関が定める2030年目標である「CO2排出効率2008年比40%改善」を上回る「同50%改善」という目標を設定した。そのアクションプランとして国内造船所建造のLNG燃料船としては初めて高圧式LNG焚き主機関を搭載した本船を実現させた。

また、本船は時代に先駆けて船内通信インフラを構築したデジタルフラッグシップとして、世界初の遠隔検査適応新造船となっている。

大型貨物船部門賞「CENTURY HIGHWAY GREEN」
船名
CENTURY HIGHWAY GREEN
船種
自動車運搬船
船主
FC Lead Leasing Ltd.、Mahonia Leasing Co., Ltd.
建造会社
多度津造船株式会社(今治造船グループ)
竣工年月日
2021年3月12日
Lpp × B × D - d
192.00m × 37.20m × 36.51m - 9.718m
総トン数
73,515トン
速力
18.0ノット
主機
MITSUI MAN B&W 8S50ME-C9.6-GI-EGRBP
積載貨物
乗用車(RT43)を最大7,080台
特徴的な構造・艤装品
高圧式LNG焚き主機関、LNG焚き発電機関・ボイラー、最適運航支援装置、低摩擦船底塗料、補機関予防診断システム、船内Wi-Fiシステム、機関室・貨物艙内カメラ

小型貨物船部門賞「りゅうと」

本船に導入した最新デジタル技術である『集中荷役遠隔システム』・『離着桟支援システム』・『遠隔監視システム』は、乗組員の作業を軽減することを目的としており、特に労務負荷の大きいタンカー荷役作業の集中遠隔操作や高度な技術が求められる離着桟作業、機関室の監視を支援する設備を内航船では初めて搭載した船舶であり、本システムにより省力化を実現し、深刻な人手不足の解消に繋がることを最大の効果として期待している。

小型貨物船部門賞「りゅうと」
船名
りゅうと
船種
苛性ソーダ積載船
船主
有限会社冨士汽船
建造会社
本瓦造船株式会社
竣工年月日
2021年5月31日
Lpp × B × D - d
40.0m × 8.0m × 3.35m - 3.1m
総トン数
196トン
速力
10.5ノット
主機
6EY17W 749kW(1018PS)
積載貨物
苛性ソーダ、塩化カルシウム溶液
特徴的な艤装品
集中荷役遠隔システム、離着桟支援システム、陸上監視システム、トップサイドタンク付きカーゴタンク、船首尾スラスタ、DIMW、ミリ波レーダー、ISOデータサーバ、アラウンドビューモニター

漁船・調査船部門賞「汐路丸」

東京海洋大学の練習船「汐路丸」は、動くキャンパス・動く研究室として、船舶職員養成、船舶運航及び海洋環境の教育・研究機能を実現し、さらに海洋開発分野の教育・研究機能と災害支援機能も付加した船として建造された。大学の教育・研究に役立つ船として、今後、日本国内の船舶に関する教育・研究の裾野を広げることが期待されている。

漁船・調査船部門賞「汐路丸」
船名
汐路丸
船種
練習船
船主
東京海洋大学
建造会社
ジャパン マリンユナイテッド株式会社
竣工年月日
2021年10月13日
Lpp × B × D - d
54.0m × 11.1m × 6.5m - 3.5 m
総トン数
775トン
速力
12ノット
主機
IHI原動機6MG26HLX型1250kW×720 min-1×1基
乗員数
職員 8名+部員 11名+教員 7名+学生 44名=合計 70名
特徴的な艤装品
海中・海底調査用ソナードーム、海洋・生物調査用機器

シップオブザイヤー歴代受賞船はこちらから

  • Photo Gallery
  • Ship of the Year
  • デジタル造船資料館
  • アフターコロナ禍特別検討委員会報告会
  • G-NAOE 2022

ピックアップ情報はありません

広告 [広告掲載のご案内はこちら]

会員ログイン
新着情報一覧はこちら
学会へのアクセスはこちら
ページの先頭へ戻る

〒105-0012
東京都港区芝大門2-12-9
  浜松町矢崎ホワイトビル 3階 [交通アクセス]

TEL:03-3438-2014 / 2015
   FAX:03-3438-2016
   [事務局へメールする]
ページの先頭へ戻る